算命学の基本は陰陽説と五行説です。それぞれ意味がありますが、東洋の発想は、まずわかりやすい陰陽説から始まったのだと思います。

 一日を見ると、昼と夜がある。これは陰陽。人間には男性と女性がいる。これも陰陽。陰陽のどちらが欠けてもこの世は成り立ちません。

 そしてそれぞれの人にも物にも必ず陰陽の両方があると思います。あの人は良い人だと言っても、100%良い人など存在しません。同様に、あの人は悪い人だと言っても、100%悪い人など存在しません。ある条件の下で、より良い人、より悪い人が決まります。

 法律論争では、野党が与党の出す法案は最悪だと批判しますが、陰陽説から見ると、良い部分と悪い部分があるのだろうと推測出来ます。それを踏まえた上で、より良いと思えるものなら、それは良い法律とみなすべきでしょう。

 政治の世界でも我々の日常生活でも、極端に、あれは完璧に良い、あれは絶対的に悪いと決めつける意見には違和感を覚えます。

                                             中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館


*人にも物にも、法律にも陰陽がある*   2017.4. 21 更新